【第1回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第1回】

いよいよレッスンスタート!

今日は、入会して初めてのレッスン。前回の無料体験レッスンがとても楽しくてこの日を楽しみにしていました。

用意された食材

まず初回は、どの程度料理ができるのか診断という事で

「この食材を使って、1時間以内でお好きに何か作ってみてください」

とトレーナーに言われました。

私は、突然の言葉にすぐに思いつかず戸惑ってしまいました。悩んだあげく、普段作っているものを選んでみました。逆にこんなに沢山の食材があれば結構幅広く作れそうとも思いました。

  • 野菜炒め
  • 肉じゃが
  • かぼちゃの煮物
  • 蕪のソテー

この4品を作る事にしました。和食でまとめてみました。

トレーナーが「では、始めてください」とスタートしました。実際に時間を図られると、緊張するし焦ります。私は、普段通りで大丈夫と自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせました。

 

まずは、全ての食材を切ります。

メニュー1.野菜炒め

野菜炒めの材料

メニュー2.肉じゃが

肉じゃがの材料

 

そして調理していきます。

メニュー3.かぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物の材料

メニュー4.蕪のソテー

蕪のソテーの材料

4品が全て出来上がりました。

「まだ30分あります。」と言われたので、もう2品追加して作る事にしました。

 

悩みましたが、簡単に作れるメニューにしました。

  • チキンの焼き
  • 大根の味噌汁

盛り付けをして完成です。

盛り付けされた料理

合計6品作って、時間もきっちり1時間以内におさまりました。私としては、普段家でやっている通り落ち着いて出来たと思います。

 

こちらのスペースで自分の作った料理を試食してみることに。ほぼ味見をしなかったので、少し心配でしたがいつも通りの味でした。

試食スペース

 

試食が終わりトレーナーに声をかけると「タッパーは持ってきましたか?」と聞かれました。私は、持っていかなかったので、下の100円ショップで買ってくるように教えて頂きました。

100円ショップ

 

食べきれなかったおかずを持って帰れるようで、こんな感じでトレーナーが丁寧に詰めてくれました。

残ったおかずをジップロックに詰める

私は「今日の晩御飯を作らずに済む、助かった!!」と思いました(笑)

トレーナーからのフィードバック

今日の診断について、トレーナーからのフィードバックがありました。

まず最初に「なぜ、こんな出来るのにライザップクックに通おうと思ったんですか?トレーナー泣かせです。私なら通いません。」とお褒めの言葉を頂き、嬉しくなり図に乗る私(笑)

でも我に返り、私がライザップクックに通おうと思ったのは、料理のレパートリーを増やしたい、人を家招いて出せるような料理を学びたい(ホームパーティーをしたい)、綺麗に見える盛り付けを学びたいなどの動機だった事を思い出しました。

(トレーナーにもその事を伝えたら納得して頂きました。)

 

トレーナーが私の料理する様子を見て、また実際味見をして頂き気になった点は下記の事だったようです。

【メモ】トレーナーから指摘されたポイント

 

注意
味見をしない

味見は、料理の味を確実に仕上げる為慣れたメニューでもした方がいいとの事でした。

 

GOOD
野菜を柔らかくするのは、茹でるのではなく電子レンジを使用する。

例えば肉じゃがを作る場合でいうと、じゃがいも、人参を煮る前に一度電子レンジで柔らかくしてから鍋にいれる。私が編み出した時短策です。仕事後に料理を作る時に使ってます(笑)

電子レンジを使用するという人は、初めてだったらしく驚かれました。トレーナーに「なるほど!」といって頂きました。

 

注意
野菜にまだしんのある箇所がある

 

以上の3点でした。その他はだいたい大丈夫という事で安心しました。

 

本日の料理上達診断!結果は…

こちらは、料理上達診断の評価シートです。

料理上達診断 評価シート

料理スキルチャート

料理上達診断 評価シート(味・見た目)

ゲストコメントとトレーナーコメント

1時間以内で作れた料理は6品でした。自分としては段取りよくスムーズにできたような気がします。1品あたりの調理時間や、調理法の数についてもよいと言って頂きました。野菜の切り方をもうちょっと丁寧にするともっと良くなると教えて頂きました。

口頭でお話するだけではなく、このようなシートで細かい点をチェックして頂けるのは、分かりやすくて自分の癖など改めて見直す事が出来いいなっと思いました。

初のレッスンは、すごく充実した50分でした。全力で料理したので、少し疲れましたが。料理の様子を見てくれたり、味をチェックしてくれたり、マンツーマンでなければ実現出来ない事です。

お陰で自分の悪い点も分かり、今後にいかせます。次回は、何を作るんだろうと週末の楽しみが増えました!