【第4回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第4回】

第4回目レッスンスタート

ついてすぐ今回は、何を作りたいですか?と聞いてくださいました。いい魚介類がはいっているという事なので、「ブイヤベース」を選んでみました。魚介類が大好きな私はテンションあがり、とっても楽しみになってきました!

前回のレッスンと同様のイタリアンお得意のトレーナーでした。物腰が柔らかく安心して質問もできます。昨日の晩御飯は、チーズと大葉入りの牛かつを作ったそうでまた話が盛り上がりました。

プロであるトレーナーも、料理は週5で作ってると言ってました。「料理はしないと忘れてしまうので」と。確かに!!私も週5を目標に料理を頑張ろうと決めました(笑)

ブイヤベースを作ります!

レシピはこちら!

ブイヤベースのレシピ

 

①事前にムール貝、あさり、エビを塩水につけておきます(約30分ほど)

ムール貝、あさり、エビを塩水につけておく

 

②30分後、あさりはざるにあげて洗い、ムール貝は貝と貝をこすり合わせて貝についているよごれを取ります。

ムール貝のよごれを取る

 

③エビは皮をむき、竹串で背ワタをとります。

エビの皮をむく

 

④玉ねぎをスライスします。前回教えてもらった、立ち位置と左手を注意しながら食材を切りました。

玉ねぎをスライスする

 

⑤ニンニクをスライスします。

ニンニクをスライスする

 

⑥オリーブオイルをひいて、ニンニクを炒めます。ニンニクは焦げやすいので気を付けます。

オリーブオイルでニンニクを炒める

 

⑦玉ねぎを炒めます。軽く色がつく程度。フライパン返しも家で練習しました。前回よりはうまくできるようになったかな。

玉ねぎを炒める

 

玉ねぎの色はこんな感じです。

少し色がついた玉ねぎ

 

⑧またオリーブオイルをひきムール貝、あさりを炒めて白ワインを入れ、ブランベしていきます。エビは、火が通り過ぎてしまうと固くなってしまうので最後にいれます。

フランベしたら、蓋をして蒸します。

フランベして蓋をして蒸す

 

⑨ざるにあげて、具とスープをわけます。

貝をスープを分ける

できたスープ

 

⑩魚介スープと水とチキンコンソメをいれて、スープを作ります。

あれ?ここまで全く前回のパエリアと同じだと気付きました。しかも食材もほぼ一緒です。魚介が好きすぎて同じような食材の料理になってしまいました(汗)でも、前回やった事が復習できたし、スムーズにできました。

チキンコンソメを使ってスープを作る

 

⑪トマト、パセリを切ります。

トマト、パセリを切る

 

⑫炒めた玉ねぎをフライパンに入れ、トマトと一緒に炒めていきます。トマトは、火が入りすぎないように注意

 

⑬魚介をいれてスープをいれ煮込みます。

玉ねぎとトマトを一緒に炒める

 

⑭フュメ・ド・ポワソンを少し追加していれるとまた深みがでて美味しくなります。

フュメ・ド・ポワソンって???見たことないと質問してみると、色々なお魚のダシスープのようです。なんだかおしゃれな名前ですよね。帰りに家の近くのスーパーで見てみると、普通に売ってました。今まで注目したことなかったな。

魚介とスープを入れて煮込む

 

⑮塩コショウで味をととのえ完成です。

フュメ・ド・ポワソン

 

⑯盛り付けをします。パエリアの時の注意点を踏まえて私が挑戦してみました。「上手です!」とお褒めの言葉を頂きました。うれしい!!

塩コショウで味を整える

いざ、試食

ムール貝や、エビのダシがでていてとても美味しかったです。ブイヤベースはもちろんの事作った事がなくあまり馴染みのない料理でしたが、思ったより簡単でした。難しいことは一切なかったです。これなら家でレシピを見なくても出来そうです。

家で作る際、魚介が十分のそろわない場合は、フュメ・ド・ポワソンを入れるだけでそれなりの味に仕上がるそうです。強い味方を教えて頂きました!今日も楽しかったです☆