【第7回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第7回】

第7回目レッスンスタート

今回は、いつものトレーナーとの都合が合わなかった為、初めてのトレーナーでした。フランス料理を得意とする、とても手先が器用な方でした。野菜の切り方など、繊細で少し最初は緊張しましたが料理の色々な知識を教えてくださいました。

今回もリクエストした「ビーフロールカツ」です。揚げ物は、後片付けが大変なのであまり家ではやりませんが、家族は好きなので家でもやろうと思いリクエストしてみました。

ビーフロールカツを作ります

レシピはこちら!

ビーフロールカツと玉ねぎダレのレシピ

 

①まずは、ビーフロールカツにかける玉ねぎソースから作っていきます。玉ねぎ、リンゴ、しょうが、ニンニクを全てすりおろし、醤油、はちみつを入れ混ぜます。

玉ねぎソースを作る

 

②赤ワインを煮詰め①に混ぜます。

赤ワインを煮詰める

 

③煮詰めた赤ワインを加えて完成です!とっても簡単。このソースは万能でサラダなどにかけたりお魚料理にも合うみたいです。作り置きしといて、色々なお料理にかけて使いたいと思います。

玉ねぎダレの完成

 

④ビーフロールカツの中身の具材を切ります。今回は、ニンジン、ズッキーニ、バジル、チーズでしたがゴボウや大葉、海苔などでも美味しいそうです。ただ、チーズは入れた方が美味しいとか。私はチーズ好きなので少し多めにいれさせてもらいました。

ビーフロールカツの中身の具材を切る

 

⑤ズッキーニ、ニンジンをオリーブオイルで炒めます。後でお肉と一緒に揚げるので、さっと火を通す程度で大丈夫です。

野菜をオリーブオイルで炒める

 

⑥牛肉に塩、コショウをふります。バットに牛肉を広げてまんべんなくふります。ソースをかけて食べるので薄味にしておきます。

牛肉に塩コショウをふる

 

⑦先ほど炒めた具材を入れて、牛肉でまいていきます。この時、欲張って具材を入れすぎないように注意!牛肉に穴があいてしまうと、揚げたときに爆発してしまうとの事でした。私はついつい欲張って入れすぎてしまい、牛肉に穴があきそうでした(汗)次作る時は、気をつけます。

炒めた具材を牛肉で巻く

 

⑧巻きあがりました。一見綺麗に見えますが、私のは不安定です。トレーナーが「これは揚げるのが怖いですね」っと苦笑していました(笑)

牛かつロール巻きあがり
 

⑨いよいよ、揚げていきます。繊細なロールカツは慎重に!壊れないようにそっと…緊張です。

揚げる準備

 

⑩お箸では、崩れてしまうので網で転がしながら揚げました。繊細なカツもなんとか上手に揚げられました。トレーナーのご指導のおかげです。

ビーフロールカツを揚げたところ

 

⑪カツを切ります。壊れやすいので、トレーナーにやって頂きました。切る時もコツがあって、あまり包丁を動かさずに、スパっと1回で切ると綺麗だとか。断面が綺麗ですね。

壊れないようにカツを切る

 

⑫盛り付けもお願いしちゃいました。おーー、なんだかフレンチっぽくておしゃれです。

盛り付けて完成!

いざ、試食!

今回は、サービスで事前にコールスローも作って頂いていました。刻んだキャベツに塩、コショウ、マヨネーズ、レモンを入れて混ざるだけ。とっても簡単なのに美味しかったです。これならお家でもマネできます。

お肉は、中がレアで揚げ具合がちょうどよかったです。そして玉ねぎソースもリンゴの甘味が感じられて、牛肉料理にぴったりでした。余ったソースを頂いたので、お魚料理にもかけて試してみます。

今日もお土産に残ったカツを頂きました。揚げ物は普段しないので家族が喜びそうです!