【第9回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第9回】

第9回目レッスンスタート

今まで洋食が多かった為、今回は和食を選びました。前回のレッスンが終了して家に帰ってからトレーナーとラインをして、今日のメニューを決めました。

私は、揚げ物が好きですがカロリーが気になりますと相談したところ、「豆腐の春巻き」を提案してくださいました。豆腐の春巻き?んー、なんだかピンとこない、、、でもヘルシーそう。やっぱり私の我儘な要望にも応えて頂けるのは、マンツーマンならではですよね。

豆腐の春巻きを作ります。

レシピはこちら!

豆腐の春巻きレシピ

 

①豆腐を事前に水切りしておきます。今回は、トレーナーがやっておいてくれました。3時間おくのが理想です。

豆腐水切り

 

②春巻きの中の具材を切ります。今日は、ゴボウとニンジンです。きんぴらに入れるときのように切ります。流石、トレーナーは切り方がうまいですね。見とれてしまいました(笑)

ニンジンを切る

ゴボウを切る

 

③ごま油でニンジン、ゴボウを炒めていきます。ここまでは、本当にきんぴらと同様ですね。きんぴらはよく作るので、ここまではばっちりです!

ニンジンゴボウを炒める

 

④水気を切った豆腐をいれて乾煎りしていきます。時間をかけて水気をまた飛ばしていきます。砂糖、薄口醤油、だし汁を合わせ入れていきます。

既にいい匂い。これだけで1品になりそうです。大量に作って冷凍しといても便利と教えてもらいました。

これで春巻きの具が完成です。とっても簡単。

調味料を入れ合わせる

 

⑤春巻きを巻きます。今回は上品に小さく作ります。春巻きの皮を三角に切ると、小さく可愛くなるようです。私は、1枚のまま使ったことしかなかったので、勉強になりました。あまり具材をよくばって多くいれないのがポイントです。

春巻き巻く

 

⑥春巻きが巻き終わりました。確かに小さくて可愛い。お客様を呼んだときによさそう。

春巻き巻き終わり

 

⑦春巻きを揚げていきます。中身の具材にもよるのですが、今回は160度の低温で揚げます。中身が既に出来上がっているので、そこまで高温でなくても大丈夫みたいです。

春巻き揚げる

 

⑧こんがりきつね色になったら完成です。わー、とってもいい色ですね。

春巻き完成

いざ、試食!!

大きいお皿でも欲張って多くのせすぎないようにすると盛り付けがきれいと教えてもらいました。なんかお店で出てくる春巻きみたいです。

食べてみると、ゴボウの香ばしい味が口に広がりました。ゴボウは、切ったりするのが面倒なイメージがありあまり買いませんでしたが、今日切り方を教えてもらい簡単だという事が分かったので取り入れてみようと思います。そして、お豆腐も揚げた事で満腹感が得られるような気がしました。

お豆腐、ニンジン、ゴボウだけで出来るなんてリーズナブルで嬉しいです。

今日も持ち帰って家族に食べさせたらとっても好評でした。主人はコレステロールを気にしてるので、ぴったりなメニューです。またお家でも練習しようと思います。