【第10回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第10回】

第10回目レッスンスタート

今回は、すぐに作りたいメニューが思いつかなくて、トレーナーにラインしたところ、いくつかの料理を提案してくれました。その中から「天ぷら」を選んでみました。

というわけで、前回に引き続き和食です。天ぷらは手間がかかるイメージがあってあまり作らないのですが、大好きなメニューです。サクサクの天ぷらが食べたくてどうしてもお店で食べてしまうんですよね。

天ぷらを作ります。

レシピはこちら!

天ぷらレシピ

 

①かき揚げの具材を切ります。今回は、エビ、ゴボウ、ニンジン、サツマイモ、玉ねぎ、三つ葉です。だいたい同じ大きさになるように、丁寧にきっていきます。

かき揚げ 具材を切る

 

②天ぷらの材料も切ります。蕪の天ぷら、エノキの天ぷらは初めてでした。

天ぷら材料切る1

天ぷら材料切る2

 

③鱚は事前にトレーナーがさばいておいてくれました。(助かりました(笑))エビは、皮をむいて背ワタをとります。パエリアをやった時に勉強済みだったので、スムーズにできました。

鱚

エビの処理

 

④天ぷら粉を作ります。作ったら、ボールに氷水をひいて冷やしておくのがポイントです。やった事なかったです(汗)

天ぷら粉を作る

 

⑤揚げる野菜は、一度小麦粉をうすくまぶしてから天ぷら粉をつけると付きがよくなるようです。とくに蕪などつるつるした野菜は、そのひと手間で、サクサクにも揚がるみたいです。こちらの知らなかった(汗)

小麦粉をまぶす

 

⑥まず温度を確認する為に、天ぷら粉をいれてみます。天ぷら粉が上にあがってきたらOKとの事。

火が通りにくい、野菜からいれていきます。

天ぷらを揚げる

 

⑦次にかき揚げを揚げます。かき揚げは、まず野菜を散らせて油の中に落とします。その後、網を使いながら集めるようにして揚げます。全く焦る必要はないと言われました。散らせてから、集めるというのは初耳だったので、とっても勉強になりました。

かき揚げ揚げる

 

⑧天ぷら、かき揚げを盛りつけます。今回、かき揚げは天茶にしてもらいました。ごはんもトレーナーからのサービスで土鍋で炊いてくれていました。感激!!

天ぷら盛り付け

いざ、試食!

天茶試食

天ぷら試食

天つゆと塩で食べれるように用意してくれました。しかも塩は、セロリ塩!セロリの葉っぱをドライにして粉々にし、塩と混ぜると簡単にできるようです。セロリの香りがして、とっても天ぷらに合いました。

天ぷらは、サクサクにあがっていてお店で食べる天ぷらみたいでした。やはり、天ぷら粉を冷やしながらやったり、揚げる前に1度小麦粉をまぶしたりひと手間加えるとこのように出来るんですね。これなら、外に食べに行かなくても充分です。

かき揚げは、さつまいもがきいていて、ほっくり美味しかったです。今日も大満足な50分でした☆