【第12回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第12回】

第12回目レッスンスタート

前回大遅刻をしてしまいましたので、今回は早めにお店に着くように行きました。何度も開始時間を確認しました(笑)

レッスンも今回で12回目!いよいよ終盤にさしかかってきました。

トレーナーとのおしゃべりも弾んでリラックスした気持ちでお料理できています。料理以外の話でも盛り上がります。トレーナーもお仕事でよく海外に行くそうです。私も旅行好きなので、ついつい話すぎちゃいます(汗)

今日は、ザ日本食で稲荷寿司を作ります。

稲荷寿司を作ります。

レシピはこちら!

シャリレシピ

稲荷寿司

 

①まずは、シャリ作りから。

お米を研ぎ、40分ほど浸水させておきます。お米浸水

 

②今回はお鍋で炊きます。炊飯器で炊くのとだいぶちがってふっくら炊けます。水加減を調節しながら40分ほど炊いて、最後蓋をして10分ほど蒸らします。

お鍋でお米を炊く

 

③炊いている間に、シャリのお酢を作ります。酢、塩、お好みで砂糖を各分量いれてよく混ぜます。

シャリお酢

 

④ごはんが炊けたら、作ったお酢を回し入れます。ごはんを混ぜる際は、しゃもじを切るように混ぜるのがポイントです。あまり混ぜすぎると、ごはんがのり状になってしまうので注意!(私は、いつもかなり混ぜすぎていました(汗))

ごはんお酢混ぜる

 

⑤次に稲荷寿司の油揚げを切ります。1枚を半分に切り、袋状にしていきます。

剥がす時は、力づくではやぶれてしまうので、くるくると油揚げを巻くと自然に剥がれます。(この方法は知らなかったので、とっても勉強になりました)。本当にやぶれずに簡単に剥がれました。

油揚げを袋状にする

 

⑥油揚げの余分な油を湯通しでとっていきます。沸騰したお湯に油揚げを入れるだけ。10分程度したらぬるま湯につけて冷まします。そのまま絞ると、中から熱いお湯が出てきて、手のひらが大火傷してしまうので注意です!手で絞って水気をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

油抜き

油揚げ絞る

 

⑦油抜きした油揚げに味をつけます。だし汁に醤油を入れて煮ていきます。

汁がなくなるまで煮詰めます。クッキングペーパーで落し蓋をします。

油揚げ味付け

 

⑧いよいよ、油揚げの中にシャリを入れていきます。と思ったらトレーナーが油揚げを切り出しました!

今回は、定番の稲荷寿司ではなくお上品に一口サイズの稲荷寿司を作るそうです。わー!こんな巻き方があるんですね。お客様が来た時にいいですね。

稲荷寿司巻く

 

⑨巻きあがりました。4等分に切って完成です。

稲荷寿司切る

いざ、試食!

稲荷寿司は好きですが、買って食べるとすごく甘くてしょっぱくて味が濃いイメージがありましたが、トレーナーのレシピだと、あっさりしていました。一口サイズだし、甘すぎないのでパクパク食べてしまいました。見た目にも可愛いので、おもてなし料理にもぴったりだと思います。

もうすぐひな祭りなので、ちらし寿司と一緒に作ったら子供も喜びそうですよね。

この巻き方は知らなかったので、料理好きな母に教えてあげようと思います。

また来週も楽しみです!!