【第15回】ライザップクックで料理上達!編

応用力アップ!編【第15回】

第15回目レッスンスタート

今回は、中間診断という事で初回で診断した時と同様、時間内である食材の中から自分で考えて作ります。第1回目の時よりは、色々身について落ち着いて取り込む事ができるはずと思いリラックスしてレッスンにむかいました。

トレーナーも第1回目の時と一緒の方でした。食材も豊富に揃っていて何を作ろうか迷いましたが、下記4品作る事にしました。

  • 菜の花の酢味噌和え
  • キャベツとキノコの卵とじ
  • 唐揚げ(カレー味)
  • 若鳥のグリル焼き

中間診断 材料

メニュー1.菜の花の酢味噌和え

①トレーナーが余っただしを譲って下さったので、だし汁で菜の花を茹でます。(だし汁で茹でることで菜の花にしっかり味が染み込みます)

菜の花を茹でる

 

②酢味噌を作ります。こちらは、味噌とからしと酢を混ぜるだけ。

酢味噌を作る

 

③茹でた菜の花に酢味噌をかけて完成!これ料理と言えるのか?(笑)

上にのっているのは、ニンジンです。またまた、トレーナーが譲って下さいました。ちょっとあるだけで綺麗ですよね。よく和食屋さんで見ますよね。

菜の花の酢味噌和え

メニュー2.キャベツとキノコの卵とじ

①キャベツとキノコと豚バラを切ります。

キャベツとキノコの卵とじ 材料を切る

 

②だじ汁(こちらも頂きました)に豚バラ、キノコ、キャベツの順で入れて少し煮詰めます。

キャベツとキノコの卵とじ 煮詰める

 

③卵をかき混ぜます。

卵をかき混ぜる

 

④野菜がしなっとして、豚バラに火が入ったら最後卵をいれて完成です。

キャベツとキノコの卵とじ

キャベツとキノコの卵とじ 完成

メニュー3.唐揚げ(カレー味)

①お肉を1口サイズに切り、酒、醤油、みりん、カレー粉で味をつけます。(味が染み込むように味付けだけどの料理よりも先にしておきました。)

唐揚げ 味付け

 

②今回は、小麦粉と片栗粉を1対1で混ぜて作ります。お肉に粉を混ぜてよくはたきます。

小麦粉片栗粉を混ぜる

 

③180度程で揚げたら完成です。揚げ物をほとんどしなかった私もライザップで、だいぶ抵抗がなくなりました。

唐揚げ完成

メニュー4.若鳥のグリル焼き

こちらは、お恥ずかしながら本当に料理と言えません(笑)

お肉に塩コショウをして、グリルに入れるだけというとっても簡単な料理?工程は、ないので写真のみで紹介致します(笑)でも、盛りつけるとそれなりに見える。。。

若鳥のグリル焼き

いざ、試食!

今回は、ぴったり50分ちょうどで完成しました。1回目の時より、野菜を丁寧に切ったり、綺麗に見せるために盛り付けに気を使いました。

私だけかもしれませんが、なんとなく1回目より見た目綺麗じゃないですか?トレーナーにも上達したとお褒めの言葉を頂き、嬉しかったです。

1回目の時に指摘があった、味見をしないという事も今回は気をつけて味見するようにしました。なので味もちょうどよかったです。自分で意識する事でこんなに差がでるんだと実感しました。短期間で悪かった点が、明らかに変わった気がします。

4品完成

 

写真ブースが出来ていて、可愛かったので思わず写真をとっちゃいました!あと残すところ少しのレッスンですが、頑張ります。

写真ブースで