【第4回】ライザップイングリッシュで英会話力アップ!編

英会話力アップ!編【第4回】

実感!忙しくても、睡眠はきちんととった方がいいです!

きっと、「ライザップイングリッシュに通いたい!」と思っている方の多くが、
日々 忙しい人じゃないかなと思います。(ライザップ=意識高い系の人のイメージw)

私も意識高い系なので、毎日が本当に忙しいです。(←自分で言っちゃうw)私と同様、「どうしても勉強の時間が取れない」「机に向かう時間がない」ということ、あると思います。そんなときにおススメの勉強法を共有します。

勉強する時間がない!!

今回、子どもの用事があって、私には机に向かって勉強する時間がありませんでした。「明日にはテストがある」、「明日には、セッションがある」と、自分の中で、プレッシャーを感じ、睡眠削ってでも、ばっちりシュクダイをやっておきたい!!(←ヘンタイではありませんw)そう思って、今回は寝る時間を削って、出されたシュクダイをやりきってしてから就寝。

  • 参考書:5周目終了!(目標は3周)
  • ブックレット:3周目終了!(目標は2周)
  • 記述テスト練習:1回(私オリジナル)
  • 勉強時間 :2時間確保!

そして、迎えた翌朝ライザップレッスン当日。

眠い、眠い、眠すぎる!

睡眠時間を削ってまで、勉強するのは・・・、おススメできません(苦笑)決して安くないお金払っているし、テストあるしと、勝手に切羽詰まってましたが、睡眠は削っちゃダメですねぇ。この日のセッション、私の脳みそは終始、宇宙と交信状態でした(苦笑)

「勉強する時間がない!!」中でのシュクダイのこなし方!

第3回のレッスンから、第4回目のレッスンまでの期間は、なか1日!私はこの1日で、前回出されたシュクダイをこなさなければなりませんでした。その暗記量は、毎度おなじみ130フレーズ!!(1日でも、4日でも、シュクダイ量は変わらないのね・・・w←人によって量は変えてくれますよ!)しかも、この日は、机に向かって勉強する時間が取れない日でした。

スマホカメラ戦法

こんな忙しいときに、おススメの勉強法が、スマホのカメラ機能を使った『スマホカメラ勉強法』です。(そのままじゃんw)

スマホカメラ勉強法

1枚目、日本文を撮影します。
2枚目、英訳文を撮影します。
上記繰り返して、シュクダイ範囲を全て撮影し、あとは、ひたすら繰り返し戦法で、繰り返すだけ!

この日私は、スマホカメラ勉強法で、シュクダイ範囲を子どもの用事の待ち時間中に勉強しました。外出中、スマホ片手にずっと勉強。とにかくずっと、日本語、スライド、英語、スライド、日本語、スライド、英語。

ブツブツ。ブツブツ。(傍から見ればヘンタイw)

合間時間でやっているので、スマホカメラ勉強法だけでは、ちゃんと頭に入っているかちょっと不安だった私。結局この日、参考書・ブックレットを使って、机で勉強する時間を、睡眠削って作ったワケですが・・・結論、

早く寝れば良かった!

と、振り返ってみて思います。というのも、スマホカメラ勉強法、かなり良いです!机に向かわなくても、そんな時間なくても、この方法で、しっかりフレーズ覚えらます。なので、睡眠削る必要なんてないです。(しっかり睡眠はとった方がいい!)スマホならいつでも持ち歩いていますよね!合間時間にでも、ちょろっと見るだけでも、OK!どうしても時間が作れないときは、スマホカメラ勉強法やってみてくださいね♪

ただ、時間が作れるときは、やっぱり机に向かう時間を確保した方がいいです。自分の弱点や、注意するところなど、振り返る時間をしっかり作れるので、スマホカメラ勉強法はあくまで、忙しいときに限り有効だと思います。

脳みそがショートした(笑)、第4回セッション!

脳みそ停止状態!?テストの結果は・・・

第4回テスト

睡眠不足で、頭がボーっ。とりあえず、必要事項や、名前などを書いて、少しウォーミングアップ。それでもやっぱりボーっとしている頭。1分ほど深呼吸して、いざ、出陣!20分、50問が今日ほど長く感じた日はありませんでした(苦笑)(シャーペンでさえ、重く感じたw)結果は・・・、

47/50点

あら、想像より良い(驚)(この結果を見て、『スマホカメラ勉強法』の効果を実感したのでしたw)ちなみに間違えたのは、

「僕の弟は部屋で宿題をしています」
「My brother is doing his homework in his room.」

を「My brother is studying in his room.」と回答。まぁ、なんとなく同じようなこと言ってますが、脳みそスッキリしていれば、きっと間違えなかった問題だなぁと思います。やっぱり睡眠は大事ですね。そして、スマホカメラ勉強法は凄いですね!

スケジュール調整(10分)

17回レッスン分の、最後2レッスンが、私のスケジュールが難しいこともあって、スケジュール調整して頂きました。セッション時間を削ってでしたが、その場で日程調整して頂けたので安心。

ライザップイングリッシュでは、体調不良や、急遽の予定でも、電話やメールで、別日に日程をずらすことができます。ただ、レッスン消化期間が決まっているので要注意です!期間内であれば、調整してもらえるので、レッスンを無駄にすることが無いのが嬉しいですよね。

質問確認(15分)

この日は、前日にたくさんの質問をメールでしていたので、その確認をしました。メールで答えられるものは、メールで回答いただいていましたが、口頭でないと説明が難しいものもあり、この時間で解決して頂きました。

例えば、placeとlocationのニュアンスの違いだったり、前置詞のwith、inのニュアンスの違いだったり。こういった細かい部分、ネットで自分で調べようにも、ピンポイントで、欲しい答えが出なかったりして、難しいんですよね。さっと答えてくれるトレーナー、本当に感謝ですっ!(こういう友達いたらいいなぁw)17回レッスン中に、たくさん質問して、自分の英語レパートリーを増やしていきたいです。

ブックレット確認(20分)

Unit3ブックレット

いよいよ、ブックレット確認。ブックレットのフレーズをしっかり覚えているか、チェックしてもらいます。トレーナーが言った日本語を、ひたすら英語に訳していくトレーニングです。睡眠不足で、頭はボーっとしている中でのこの時間。トレーナーが言った日本語さえ、頭に入らない・・・(汗)

事務所には英語を話せる人が3人います。

トレーナー

There are three people in the office who can speak German.
German!?あ、英語を話せる人です(笑)

トレーナー

あ!who can speak Enlish!!

という感じで、なぜ突然Germanが出てきたのか(苦笑)また、隣から?、英語の音声が聞こえてきたときも、頭が真っ白になり、(音声CDの音、結構大きかったから仕方ないけどねw)

大丈夫ですか(笑)?

トレーナー

あ、すみません!もう一回お願いします(汗)

終始こんな感じで、脳みそが宇宙と交信状態(笑)何度、「もう一回お願いします」と言っただろうか。(トレーナーさんすみませんw)なんとか50まで終えて、

だいぶtheや、複数、He、Sheのsを忘れなくなりましたね!

トレーナー

と温かいお声がけ。(はぁ、なんて優しいんだろうかw)モチベーションを維持させてくれるトレーナーさんに、ただただ感謝でした。

モノローグ(10分)

Unit3モノローグ

ブックレットでだいぶ宇宙と交信しちゃったので、時間がほとんど残っていませんでした(泣)50分のセッションって、本当にあっという間です。今回は、前回テストにしていただいたところもやらず、Unit3のモノローグを1つだけやりました。

ここで、「までに」を表すby、untilの使い方を、ずっと間違えていたことを発見!違いをしっかり教えてもらいました。毎度発見のあるモノローグ、やっぱり大切なんだなぁと実感。インプットしたものを、アウトプットするこの時間を、次回はしっかり時間をとれるよう、睡眠ばっちりで臨みたいと思います。

ちなみに、ダイアローグをやる時間は全くありませんでした(苦笑)放っておくのはもったいないので、空いた時間に、自宅でやってみようと思います。

第4回セッションを終えて・・・

疲れていると、いつもより英語が話せなくなる!

睡眠不足で臨んだ今回、反省でいっぱいでした。脳みそ停止して、大事なモノローグと、ダイアローグが出来なかったのが、本当に残念でした。そして気づきました。

疲れているときは、いつもよりも英語が話せなくなる!

のだなと。こんな状態でも、サラッと英語が出るくらいになりたいですね~。トレーナーの言う、『自分や他人の動きを英語に訳しまくる戦法』で、自然と英語が出る脳みそになったらいいなと思います。この戦法、1日トライしてみたのですが、英語で表現できないフレーズが、出るわ出るわ!

グーグル先生に、大変お世話になりました(笑)

弱っているときは、モチベーションをあげてくれる!

トレーナーはいつでも超コミットで、スパルタなのかと思いきや、意外と違いました。今回のセッションでも、「前より間違えなくなった気がしますね」と言っていただけたり、メールでも「お疲れの様子ですので、体調気をつけてください」と労いの言葉をかけて頂いたり。トレーナーは、いつでもスパルタではなく、弱っているときは、モチベーションをあげてくれる存在でした。

ここで喝を入れられていたら、正直、勉強するのがちょっと嫌になっちゃっていたかもしれません(苦笑)トレーナーさん、本当にいいコミット感です。お褒めの言葉、労いの意味もあると思いますが、確かにトレーナーさんの言う通り、以前よりも細かい間違いが少なくなったなと私自身、実感しています。まだ4回目ですが、確実に、始めた時より英語力が上がっているなと思います。(多分、私の友人も感じている気がするw)英語を自在に操るインドの方とか、フィリピンの方と、スラスラ話せるほど自信はないですが、17回終えた頃には、今より良くなっているだろうな!

次回のセッションも、楽しみです♪

◆◇本日出されたシュクダイ(4日分)
・参考書1-7まで(70英文復習)
・ブックレット【Unit4】1-50まで(50英文アレンジ)
※どちらの教材も、最低3周まで終える。

◆◇シュクダイの文法的範囲
1.this/that
2.these/those
3.What is(are)~?
4.人称代名詞の主格
5.人称代名詞の所有格
6.Who is(are)~?
7.一般動詞