【第11回】ライザップイングリッシュで英会話力アップ!編

英会話力アップ!編【第11回】

ライザップイングリッシュのスピーキングコースは、なぜフレーズ暗記なのか

覚えたフレーズは1120個!!

ここまでのシュクダイで手に入れたフレーズは・・・

1120個!

おぉ~!!自分でもここまで積み上げてきたのかと思うと、感慨深いです。1か月ちょっとでこの量ですから、私、相当勉強しました!いやぁ、これを自分でやるなんて、まず無理ですね(笑)

ライザップイングリッシュ中は、分刻みのスケジュールで動いています。(本当、忙しいw)好きな事するときも、無駄がないです。ご飯を食べながらドラマ見たり、シュクダイやる前の30分だけゲームしたり。友達との華金も、我慢してます。

ね、自分じゃできないですよね。自分でスパルタ勉強ができていれば、もうすでに英語話せてます(笑)程よいスパルタ感で、プッシュしてくれたトレーナーがいたからこその、結果だなと思います。

(過去に、「もう少し勉強時間をとれるといいですね」というメールが来たことがありますw)

  • 参考書:3周終了!(目標は3周)
  • ブックレット:3周終了!(目標は2周)
  • 勉強時間 :約2時間

どうしてこんなにフレーズを覚えさせるの?

ライザップイングリッシュって、本当凄いですよ!これまで覚えてきた1120個のフレーズ、これだけで、十分会話ができるんです!(これホントw)幼稚園での通訳的なポジションにいる私、ライザップイングリッシュに通ってから、話初めが本当にスムーズになりました。疑問文も、キレイな文法で言えてる自分にうっとりしています。(私話せてる的なw)

あぁ、英語ってフレーズを覚えれば話せるんだ!」と実感。

ライザップイングリッシュのスピーキングコースが、なぜフレーズに重点を置いているのか今ならしっかり分かります。一度形を覚えてしまえば、あとは、英単語を覚えたり、熟語を覚えるだけで、言い換えられるんですよね。電車で例えるなら、『レールがフレーズ』で、『車両が単語』。レールの上に載ってる車両(単語)は、自由に変えられます。しっかりレールが敷けていれば、ちゃんと走りますよね!

フレーズがいかに大事かということ、わかって頂けたかなと思います。ね、ライザップイングリッシュってすごいでしょ?

まずは、第17回までしっかり終えて、ライザップイングリッシュで英語レールをしっかり作りたいと思います。まだまだ足りない私の語彙力は、セッション全部終了したら、頑張るぞっ!

中2レベルが終了、第11回セッション!

ブックレット確認

Unit11ブックレット

今回の範囲は、現在完了と受動態。どちらも、会話でよく使うけど、ちょっと苦手。「行ったことがある」は「I have been~」、「今まで~したことない」は「I have never~」などは会話でかなり使うので、フレーズで覚えていましたが、他は、な~んとなくで会話。

「あなたはどれくらいの間バイオリンを弾いているの?(How long have you been playing the violin.)」を、現在完了を使って表現できていませんでした。

    「彼はアメリカへ行ってしまった」をどう訳しますか?

  1. He has been to America.
  2. He has gone to America.

正解は・・・、「2」のHe has gone to America.です。He has been to America.は、「彼はアメリカへ行ったことがある」という継続の意味になります。(そうだったのかぁw)

モノローグ

Unit11モノローグ

日本語の説明文を英訳するモノローグ、今回は2つやりました。

ブックレットで学習したフレーズを基本に、文章が構成されています。シュクダイでフレーズを覚えているはずなのに、スッと訳せない。参考書もブックレットも。暗記はしているけど、 レールがきちんと敷けていないなと実感しました。レールがガタガタで走り出せない感じ。モノローグがあるからこその発見です。モノローグ、やっぱり大事ですね~(笑)

第12回から復習回なので、また戻ってきたときに定着するといいなと思います。頭にいっぱい引き出し作って、サッと取り出せるようになるまで、頑張らねば!

    【今日の発見】

  • 旅行する(take a trip)
  • 〇〇できますか?(Is it possibel~,Are you able to~)

ダイアローグ

Unit11ダイアローグ

なんと!会話文を、英語に訳すダイアローグ、いつも苦手なのに、今回は、結構いい感じに訳せました。やっぱり、ちゃんとレールが敷けていれば、スッと訳せるんですね~! ブックレット、参考書のシュクダイのときに、少しでも考えたり、詰まったりして訳しているフレーズは、ダメですね。モノローグ、ダイアローグで出題されると、より一層、たどたどしくなります(笑)

ライザップイングリッシュ終わっても、定期的に、参考書も、ブックレットも、継続して見直していきたいと思います。

◆日本の「お盆」どう説明する?

お盆て、obonと訳すんですね?海外の方にobonと言ったら、伝わるものなのでしょうか。
あちらでは、伝わらないでしょうね(笑)obonは〇〇に似てると表現すると、海外の方には伝わりやすいです。何が入るか分かりますか?

トレーナー

う~ん(困)分かりません・・・。同じような物ありましたっけ?
Halloweenです。日本特有のものは、その国の文化で例えると伝わると思います。

トレーナー

そうだったのか!(驚)

ハロウィンて、仮装でお菓子もらうお祭りだと思っていましたが(笑)、死者が帰ってくるという意味でも、まさにハロウィン≒お盆ですね!他にも英語に訳せないものってあったりします。そんなときは、「〇〇に似てる」で説明すると良いですね!私も、これからバンバン使いたいなと思います!

そろそろテストで満点が取りたい!

「満点とってくださいね」と言われて・・・

第11回を迎えたライザップイングリッシュ。残すところあと6回です。もう11回もテストしてるのに、まだ一度も満点とってない・・・。

満点、取って下さいね♪

トレーナー

トイプードルトレーナー、優しそうで、やっぱりスパルタです(笑)そもそも、他のライザップイングリッシュ会員はどうなんだろ。みんな、何点くらいとれるのかな。隣の人覗いてみたいな。キョロキョロ、キョロキョロ・・・。

パーテーションあるので、結局何も見えませんでした(苦笑)キョロキョロし過ぎると怪しいので、皆さんの点数をチェックするのは諦めて、自分のテストへ。

お、おぉ!スラスラ訳せる~!!今日はかなり調子がいい!!なんと!今回のテスト、過去最速、15分で終えられました!やった~!!ただし、正確さも大事。気になる得点は・・・

Unit11テスト

46/50点

チーン(笑) 今回も時制と、三単現のs忘れと、訳し忘れでした。満点はなかなか取れないなぁ。でも、文法的なミスというより、ケアレスミス。会話ならサッと言い直せるし、たとえ言い直せなくても、言いたい事は伝わるので、「ま、いっか(笑)」!

次回から、また復習になります。気を抜かずに、最後までフルパワーで頑張るぞ!

◆◇本日出されたシュクダイ(2日分)
・参考書【復習】1-6まで(60英文)
・ブックレット【Unit12】1-50まで(50英文)
※どちらの教材も、最低3周まで終える。
◆◇シュクダイの文法的範囲
1.過去形
2.過去進行形
3.when節
4.一般動詞のSVC
5.SVO+to(for)
6.SVOO