【第12回】ライザップイングリッシュで英会話力アップ!編

英会話力アップ!編【第12回】

ライザップイングリッシュで確実に階段をのぼってます!

出来ることが増えました!

覚えたフレーズは1000を超え、セッションも残すところあと5回!ライザップイングリッシュ生活も、あと少し~(寂)

私の英語レベルはどうなっているのかというと・・・、今だに『日本語→英語』に訳す難しさを痛感しています。ただ、ライザップイングリッシュに通って出来ることが増えているのは間違いないです!

  • 英文が作りやすくなった!
  • 英文が作りやすいからスムーズに話し出せる!
  • 言い回しが増えてきている!
  • 弱点を認識して、普段の会話で意識できるようになった!

フレーズを文法に沿って丁寧に覚えてきたので、始めた当初より、英文を作りやすいです。英文がサッと作れるので、スムーズに話出せるようになってきました!あとは、確実に、言い回しが増えています!take a trip、go on a picnicとか、usuallyとalwaysの違いとか。何より、ライザップイングリッシュで自分の弱点を認識できて、本当に良かったと実感しています。

普段の会話で、自分の弱点を意識できるようになっているので、改善する日も近いはず!時制とか、時制とか、時制とかね(笑)

今回、復習回なので、一度やった参考書を見直す作業になったのですが、覚えたフレーズについては、かなりスムーズにサッと訳せました。(我ながら感動~w)サッと出てこない物も数個ありましたが、2、3回やり直してすぐに記憶できました。自分の口で、サッと訳せたら、ちゃんと頭に入ったということ。そこまでしっかり暗記しないとですね!

ライザップイングリッシュ終了後も、怪しいところはチェックをつけて、定期的に振り返ってみたいと思います。

TOEICは受けた方がいい?

確実に階段をのぼってはいるものの、それと同時にまた上の階も見えてくるワケで・・・。「今の自分のレベルってどれくらいだろ?」と疑問が。そして、「TOEICって受けた方がいいのかな?」とまた疑問が。トレーナーに、聞いてみました。

私、TOEIC受けた方がいいですか?
指標として、今自分がどのレベルにいるのか知るには、良いと思います。ですが、「すぐに話せるようになりたい!」という方には、おススメしないです。TOEICは、あくまでテストなので。

トレーナー

そうですか。なぜ、英語を勉強している人はみんな受けるんでしょうか。
会社から点数を指定されている方が多いですね。あとは、仕事のビデオ会議で英語を使う方が、TOEICのヒアリングのみ勉強されていたりします。ちなみに、企業が設けている目標点数は、730点以上が基本で、その上が860点というのが多いようです。『日本語→英語』は、結構難しいですが、TOEICは『英語→日本語』なので、それが得意であれば、勉強しやすいかもしれませんね。

トレーナー

スピーキングコースは『日本語→英語』、TOEICコースは、『英語→日本語』なので、全くやっていることが違うということが分かりました。TOEICで高得点の人でも、英語がスムーズに話せない人がいるのは納得ですね。訓練している内容が違うんですから。

TOEICの学習では、反復音読、ヒアリング、単語暗記、速読などを強化するようです。スピーキングを強化したい人にも役立ちそうでしょ?スピーキングを強化したい人にも、語彙力や表現力をレベルアップするのには、TOEICテストの学習も1つの手段だと思います。

私も、自分の実力チェックのために受けてみてもいいかなとは思いますが、明確な目的がないので、モチベーション管理が難しそう(苦笑)(←でも、ちょっとTOEIC800点以上に憧れますw)

第12回『日本語→英語』の難しさを痛感。ただ今できることはシュクダイ!

ブックレット確認

Unit12ブックレット

現状、だいたいの文章がゆっくりなら英訳できるという感じ。

My friend showed us…..his vacation photos.
She looks….free…at the moment.

こんな感じで、ゆっくりなら英語で言えるのですが(苦笑)この状態で、会話で使えるはずもなく。(こんなゆっくり話したら、話終わっちゃってますw)

私、気づきました…

頭にまだきちんと入っていない!

引き出しにしまえないで、頭の中で浮いている状態なので、文がスッと引っ張り出せない。会話はテンポが大事なので、このスピードだと、話が進むのが早くて、会話に入れないで終わります(笑)

今回のブックレット、50個あるうち、約半分がこのレベルでした。はい、シュクダイ不足です(苦笑)

シュクダイは、日本語を見て、サッと英語に出来るまでは終わりにしてはダメですね~。(いつも8割くらいできたら終わりにしてしまうw)考えずとも、スッと英語が口に出るまで、繰り返すことが大事だなぁと実感しました。

もっとスラスラ言えるまで練習せねば!(気づいてよかったw)

モノローグ

Unit12モノローグ

最近のモノローグ、好きな部分を2つだけピックアップしてやっています。5個あるうち、2,3個はビジネス会話だったりするので、日常会話のみ選んでいます。毎度、初見での英訳が苦手です。今回も、ゆ~っくり、や~っと英訳にした感じ(苦笑)

使っているフレーズは、ブックレットや参考書のものが基礎なのに、少し言い回しが変わるだけで、考えてしまいます。でも、ライザップイングリッシュを初めてから、ゆっくりでも英訳できてる自分がいるのは確かです。(前向きw)スピード感がもう少し欲しいところですが、復習練習を繰り返していけばこれも出来てくるかなと。

気づいたのは、スッと訳せるものは、日本語を聞いた後、瞬間的に頭の中で英訳にできているということ。どんな構文で文を作ればいいか、サッと思い浮かんでいました。これも、初めはできなかったことなので、こういうサッと浮かぶフレーズを増やせば、自然と会話もスムーズになり、スピード感も出てくるかなと思います。結局、暗記が大事ですね~。シュクダイシュクダイ!

ダイアローグ

Unit12ダイアローグ

ダイアローグも2つのみやりました。会話文ということもあって、全体的にモノローグよりも、スムーズに訳せました。でも、スッと単語が出てこない(苦笑)

「後ほどあなたにお渡ししますね(I’ll get it for you later.)

getを使うのかぁ。

「あちらのお皿を取ってもらえますか?(Can you get that plate over there for me?)」

これもgetを使うのかぁ。

英訳を見ると、「なんだ、簡単に言えるんじゃん!」と思いますが、いざ、自分でやってみると難しい。『日本語→英語』って、本当に難しいです。

今日のテストの点数はいかに・・・

満点取れる日は、いつくるのか(笑)

Unit12テスト

今回間違えたのも、時制でした。(まただねw)以前よりも時制を意識できてきたけど、何故だろう、意識せずに、ふと英語スイッチが切れちゃうときがある?(言い訳?w)そんなこんなで今回の点数は、

47/50点

満点までの道のりは、まだまだ長いです(苦笑)

ずっと英語で考えるって、脳みそも結構疲れますよね~!英語の本読んでも、日本語の本よりずっと疲れるし、洋楽聞いていても、歌詞が入ってこない時があったり。結局、意識を集中させないと、英語が聞こえない、読めない、話せないんだと思います。

英語に集中する時間を多くすることが、英語脳を作るということ、なのかな!その英語脳をつくるのに、今私にできることは、


1.シュクダイ!
2.シュクダイ!
3.シュクダイ(笑)

まずは、シュクダイをしっかりやって、きちんと頭の中にフレーズの引き出しができるまで、フレーズ暗記頑張りたいと思います!

◆◇本日出されたシュクダイ(1日分)
・参考書【中2レベル】7-14まで(80英文)
・ブックレット【Unit8】1-50まで(50英文)
※どちらの教材も、最低3周まで終える。

◆◇シュクダイの文法的範囲
7.will(単純未来)
8.will(意思未来)
9.will(依頼)/shall(申し出・誘い)
10.be going to
11.must/may
12.have to
13.be able to
14.感嘆文