【第16回】ライザップイングリッシュで英会話力アップ!編

英会話力アップ!編【第16回】

引き続き通訳特訓の第16回セッション!

ブックレット確認

Unit16ブックレット

ブックレット、今回は、なか4日あったので、しっかり暗記してきました。かなりスムーズに訳せたので、気持ち良かったぁ~♪ブックレットの確認は、「私、スラスラと話せてる」感が、大好きです(笑)今回やったフレーズで、しっくりこなかったのが、

「It has been years since they’ve made any mistakes.」
「彼らが何等かの間違いをしてから、何年も経っています。」

このany、どうしてanyなんですか?someでなくて、anyを使っている背景が知りたいです。
これは強調で使われている、anyです。

トレーナー

anyは基本、否定文で使うことが多いですが、肯定でも使われます。

その後、She can read any books.(彼女はどんな本も読める。)など、強調のanyを色んな例文を使って説明して頂いて、その意味はしっかり理解できたのですが・・・、どうしてもブックレットのany mistakesでanyを使う意味は理解できず。「う~ん。なんとなくも分かりません(笑)」と正直に言うと・・・、

この文を視点を変えて言い換えると、They have not any mistakes for years.となります。つまり、何年もミスしていなかったということ。このanyは、そういった背景が、含まれていると考えるとどうでしょうか。

トレーナー

この説明を聞いて、やっと納得!(←だいぶ面倒くさい人w)分かるまで、しっかり付き合ってくれるトレーナーに、感謝です♪

通訳特訓モノローグ

Unit16モノローグ

今回のモノローグは、文法的には、現在完了形、受動態で作られたフレーズでした。完了も受動も、会話でとてもよく使うので、使いこなせるようになりたいところ。以前は難しい印象だった現在完了形も、ライザップイングリッシュでフレーズ練習をしてから、だいぶ使えるようになってきました。

実際、友人の会話でも、子どもと英語アニメを見ているときも、だいぶ耳で現在完了形を拾えるようになってきました。そして、友人との会話でも、積極的に、現在完了形を使ってみています。

そんな日々の訓練と、シュクダイをしっかり仕上げてきたこともあって、今回の通訳は、上出来!!とはいかないまでも、スムーズに訳せました。今回のモノローグで、

「They don’t know i actually go to the gym instead of goning to charch.」
「教会へ行く代わりにジムへ行っていることを、彼らは知らない。」

教会へ行く代わりに、ジムって・・・(さすがライザップw)今回に限らず、ライザップイングリッシュで用意されている日本文が、ちょいちょい、ヘンテコなフレーズが入っていたりするんですよね(笑)直訳すぎて、日本語おかしいとか。今回のこの文も、トレーナーと思わず吹き出しちゃいました!

ちなみに、この文章の続きは・・・、

I hope they never find out!(彼らが決して気づかないことを願っています!)でした(笑)

これまで覚えたフレーズは、1370個!

フレーズ学習、スピーキング強化に一番効率的!

これまで暗記したフレーズは、

1370個!

相当な数を覚えました。(頑張った~w)フレーズ学習、スピーキングを強化したい人には、本当におススメです!これまで、単語やら、熟語やら、色々個別に覚えようとしていましたが、フレーズで覚えると、そのまま会話で使えます。リーディングなら、単語の暗記だけで、だいぶ問題が解けると思いますが、スピーキングだと、 単語だけ知っていても、使い方が分からないと使えないんですよね。

実際、ライザップイングリッシュでも、知らない単語が度々出てきましたが、フレーズと一緒に暗記したので、単語そのものも暗記できたし、実際に使うことも出来るようになりました!

普段英語に慣れていない人も、英語になれている人も、フレーズ学習は本当効率的です!時間がない人ほど、フレーズでそのまま覚えてしまうのが良いと思います。

テストの結果は?

参考書Part2の最後のテスト(中2レベル)、こちらもシュクダイをしっかりやってきたので、自信大あり!気になるテストの結果は、

Unit16テスト

50/50点

ヤッター!!満点!前回、2問間違えたので(←満点とるハズだったw)、本当嬉しい!しっかり積み重ねていくと、結果はちゃんとついてきますね。ライザップイングリッシュで、英語はもちろん、勉強の仕方を学ぶことができたので、今後の英語学習にも大いに役立ちそうです。ライザップイングリッシュが終わっても、引き続き、英語学習は継続していこうと思っています♪

いつか、英語を使った仕事ができるといいなぁ。

なんて、淡い期待も持ってみたり(照)ライザップイングリッシュ生活は、間違いなく、自分の自信に繋がりました。2か月英語漬けになるので、プチ留学行ったみたいな?そんな感じ。

残り1回のレッスンは、今までの総復習の予定です!テストは、私のリスクエストで、スピーキングコース3か月25回の人(私は2か月17回コース)がやれる部分、参考書Part3の一部をやらせてもらうことになりました。

最後のセッション、ちょっとどころか、かなり寂しいです。2か月一緒に頑張って頂いた、ほどよいスパルタ感のトイプードルトレーナーとも、お別れ。名残惜しいセッションになりそうです。またレポートします♪

◆◇自己申告のシュクダイ(1日分)
・参考書20-27まで(80英文復習)
・ブックレット(英文)
※どちらの教材も、最低3周まで終える。

◆◇シュクダイの文法的範囲
1.従属節を導く接続詞1
2.従属節を導く接続詞2
3.関節疑問文
4.疑問文+to不定詞
5.形式主語のit
6.SVO+to不定詞