ダンベルカール

ダンベルカール

ダンベルカールの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するダンベルカールを【動画】で紹介します。

 

ダンベルカールで鍛えることができる主な筋肉

  • 上腕二頭筋

ダンベルカールは、バーベルカールと同様に上腕二頭筋を中心に鍛えることができるトレーニングです。ダンベルカールの場合、左右の手それぞれにダンベルを持つことで、バーベルカール以上に左右均等に鍛えることが可能です。

左右の筋力に合わせてダンベルのウェイト(負荷)を変えることができるので、例えば左の筋力が弱いという方は、右腕の力に頼りがちなバーベルカールよりも、ダンベルカールから始める方が良いかもしれません。

 

ダンベルカールの正しいやり方

  1. 両脚を肩幅よりやや広めに開いて真っ直ぐ立つ
  2. 両手にそれぞれダンベルを持つ
  3. 両腕を下に伸ばし切った状態からスタート
  4. 息を吐きながら、ひじを固定したままダンベルを巻き上げる
  5. 息を吸いながら、軽くひじが曲がった状態になる所までダンベルを戻していく

 

ライザップで実践したダンベルカールの動画

(ダンベルカールを撮影したら公開します!)

 

ダンベルカールで効果を出すためのコツと注意点

  • ダンベルを持ち上げる時に、必ずひじの位置を固定すること
  • ひじ関節を軸に、半円を描くようにダンベルを上げ下げするのがコツ
  • ダンベルを戻す際、ひじが少し曲がるところで止めるのがコツ
  • 体を反らせて反動で持ち上げると上腕二頭筋に負荷がかからないので注意する
  • ひじのポジションが前後に動くと負荷が分散してしまうので注意する

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<