インクラインダンベルカール

インクラインダンベルカール

ダンベルカールの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するダンベルカールを【動画】で紹介します。

 

インクラインダンベルカールで鍛えることができる主な筋肉

  • 上腕二頭筋

インクラインダンベルカールは、上腕二頭筋が完全に伸びた状態で動作を開始するので、ターゲットとなる上腕二頭筋を古ストレッチさせやすく、筋肥大に必要な筋損傷を起こしやすい種目です。

インクラインベンチに寝た状態でトレーニングするので上体を安定させやすく、鍛えるターゲットに意識を集中しやすいのもこのトレーニングの利点です。

 

インクラインダンベルカールの正しいやり方

  1. 両手にそれぞれダンベルを持ち、インクラインベンチに仰向けになり胸を張る
  2. ダンベルを持った腕は、完全に伸ばし切るように垂らす
  3. 息を吐きながら、ひじを固定したままダンベルを巻き上げる
  4. 息を吸いながら、スタートポジションにダンベルを戻していく

 

ライザップで実践したダンベルカールの動画

(インクラインダンベルカールの動画を撮影したら公開!)

 

インクラインダンベルカールで効果を出すためのコツと注意点

  • ダンベルを持ち上げる時に、必ずひじの位置を固定すること
  • インクラインベンチの角度は45度を目安にする
  • ひじ関節を軸に、半円を描くようにダンベルを上げ下げするのがコツ
  • 動作中は上体を起こさないように注意し、胸を張ることを意識する
  • ダンベルを持ち上げることに意識が集中しすぎるとひじの位置がブレるので注意する

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<