ラットプルダウン

ラットプルダウン

ラットプルダウンの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するラットプルダウンを【動画】で紹介します。

 

ラットプルダウンで鍛えることができる主な筋肉

  • 広背筋
  • 大円筋
  • 上腕二頭筋
  • 僧帽筋
  • 三角筋

背中(広背筋、大円筋)を中心に鍛えることができる有名かつ人気トレーニングのひとつ。私もライザップに通っている間、何度も実践しました。

普段、背中の筋肉を鍛えることは少ないと思いますが、ラットプルダウンは美しい姿勢やプロポーションづくりに非常に効果的なトレーニングです。逆三角形の背中を目指す男性なら必須のトレーニングです!

 

ラットプルダウンの正しいやり方

  1. 肩幅よりも少し広めの位置でバーを握る
  2. マシンのベンチに座り、胸を張りやや後傾姿勢をとる
  3. 息を吐きながら、脇を閉めて鎖骨に向かってバーを引く
  4. 息を吸いながら、バーを元の位置にゆっくり戻す

 

ライザップで実践したラットプルダウンの動画

 

 

ラットプルダウンで効果を出すためのコツと注意点

  • しっかり胸を張り、背筋が曲がらないようにする
  • 肩が上がらないように注意
  • バーを引くときは、肩甲骨を寄せるイメージで行う
  • 腕の角度とケーブルの角度を一致させる
  • 反動を使ってバーを引かないようにする
  • 目線を下げずに斜め上を見る
  • 動作は一定のスピードで行う

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<