サイドベンド

サイドベンド

サイドベンドの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するサイドベンドを【動画】で紹介します。

 

サイドベンドで鍛えることができる主な筋肉

  • 腹斜筋

サイドベンドは高重量のダンベルを使って腹斜筋群(内腹斜筋、外腹斜筋)を鍛えることができる種目です。トレーニング動作は小さく地味な動きですが、引き締まったウエストを手に入れたい方にとっては、非常に効果的にわき腹を鍛えることができるトレーニングのひとつです。

ライザップではメインで取り組むトレーニングというわけではありませんでしたが、ウエストのくびれを実現したい方はぜひメニューに取り入れてみて下さい!

 

サイドベンドの正しいやり方

  1. 両脚を肩幅程度に開いてまっすぐ立つ
  2. 片手にダンベルを持ち、もう片方の手は口頭部に添える
  3. ダンベルを持った手の方に少し体を傾けてスタートポジションをとる
  4. 息を吐きながら、ダンベルを持っていない手の方に体を曲げていく

 

ライザップで実践したサイドベンドの動画

 

 

サイドベンドで効果を出すためのコツと注意点

  • 股関節を固定し、みぞおちを中心として背中を横に曲げるのがポイント
  • 背中がまっすぐになったまま股関節から体を傾けると腹斜筋に負荷がかからないので注意する
  • 体(上体)を曲げすぎると負荷が減るので注意する
  • ウェイトが重すぎて体全体が傾く場合は腹斜筋が働かないので重さを調整する
  • 体を曲げる際、腕があまり体から離れないようにする

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<