シットアップ

シットアップの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するシットアップを【動画】で紹介します。

 

シットアップで鍛えることができる主な筋肉

  • 腹直筋
  • 腹斜筋(ツイストシットアップの場合)

シットアップとは、いわゆる「腹筋」と言われるトレーニング種目で、主にお腹まわりの筋肉を鍛えることができます。誰でも一度は経験したことがある筋トレのひとつだと思いますが、これもフォームひとつで筋トレ効果が変わる典型的な種目です。ぜひ、正しいフォームとコツを身に付けて実践するようにしましょう。

ライザップでは腹筋系の種目は最後にやるのですが、自分で実践する場合も、その他の上半身・下半身のトレーニングを行った後にやるのがおすすめです!

 

シットアップの正しいやり方

  1. 仰向けになり、ひざの角度が90度になるように立てる
  2. あごを引いて頭を上げた状態をキープ
  3. 胸の前で腕をクロスさせる
  4. 息を吐きながら、肩甲骨を上げるイメージで背中を丸めるように起こしていく
  5. 息を吸いながら、上体をゆっくりとスタートポジションに戻す

 

ライザップで実践したシットアップの動画

 

 

シットアップで効果を出すためのコツと注意点

  • 頭を下ろさないようにする
  • 反動を使って上体を起こさないようにする
  • 腰を浮かさないようにする
  • 体を起こす際、背筋を伸ばすのではなく丸めることを意識する
  • 息を吐きながら体を起こすことが重要
  • 動作は一定のスピードで行う

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<