スプリットスクワット

スプリットスクワット

スプリットスクワットの正しいやり方とコツを解説!ライザップでも肉体改造のために実践するスプリットスクワットを【動画】で紹介します。

 

スプリットスクワットで鍛えることができる主な筋肉

  • 大腿四頭筋
  • 大殿筋

通常のスクワットと違い、両脚を前後に開いて行うスプリットスクワット。実質片方の太ももで体重を支えるので、太ももにかかる負荷は通常のスクワットよりも大きくなります。そのため、自重でも効果的なトレーニングができますが、さらに負荷を上げたい場合はダンベルを使って実践することも可能です。

スプリットスクワットを初めてライザップで実践した時は(まだ体が重かったこともあり)あまりのキツさにビックリしました。初めてやる方はご注意を…。

 

スプリットスクワットの正しいやり方

  1. 右足を前、左足を後ろに開く(逆でもOK)
  2. 腕を床と平行になるように体の前で組む
  3. 息を吸いながら、太ももが床と平行になるまで腰を落としていく
  4. 後ろ足のひざが床にぎりぎり着かないところまで腰を落とす
  5. 息を吐きながら元の姿勢になるまで体を起こしていく

 

ライザップで実践したスプリットスクワットの動画

 

 

スプリットスクワットで効果を出すためのコツと注意点

  • 前足も後ろ足も真っ直ぐ(内側や外側を向かないようにする)
  • 腰を落としたときにひざが床に着かないようにする
  • 後ろ足のかかとはしっかり上げる
  • 上下の動きを意識する(体が前後しないようにする)
  • 動作は一定のスピードで行う

 

>> 「筋トレで肉体改造」の記事一覧 <<