HMB極ボディ 俺の口コミと効果

HMB極ボディ

亀田兄弟愛用の『HMB極ボディ』サプリを購入した俺の口コミ・評価ブログ!HMB人気が高まる中、何かと話題の亀田兄弟が愛飲しているHMBサプリということで特に注目を集めている『HMB極ボディ』。高い効果が期待できるのかしっかりと成分を検証!また、最安値で買える店舗も調査しました。

『HMB極ボディ』に関することなら、この記事を読めばすべて理解できます!

 

↓ 今すぐ最安値で買いたい方はこちら! ↓

 

これが亀田兄弟愛用のサプリ 『HMB極ボディ』だ!

ボクシングの元世界王者にして、現在は現役復帰を目指してトレーニングを続けている亀田興毅さんと、やはり元世界王者の亀田大毅さん。特にストイックなトレーニングが必要となるボクシング業界の第一線で活躍した亀田兄弟愛用の筋肉サポートサプリ、それが『極ボディHMB』です!

HMB極ボディと同梱物

あの亀田兄弟愛用のサプリということで注目度MAX!

『HMB極ボディ』は、今注目の成分であるHMBに加え、クレアチンEAAグルタミンといったサポート成分を配合したサプリメントです。

  • 「筋トレで効率よく筋肉を付けたい!」
  • 「男なら何歳になってもカッコよくいたい!」
  • 「細マッチョになって女の子にモテたい!」

そんな願望のある男性の強い味方になってくれるのが、今回紹介する『HMB極ボディ』です!

(これから詳しく解説しますが、かなり高品質なサプリに仕上がっています。)

イメージキャラクターは、あの亀田兄弟!

もはや言わずと知れた亀田兄弟。ボクシングの実績は説明不要ですよね。そんなお二人が『HMB極ボディ』のイメージキャラクターとなり、商品をPRしています。

HMB極ボディのPRイベントに参加した亀田兄弟

特に長男の亀田興毅さんは、今後予定している復帰戦に向けてこれから体を作っていくということなので、どういった効果が出るのか注目したいところです。

注目のHMBの含有量が業界トップクラス!

このHMBサプリが特に注目されている理由のひとつが、HMB配合量が他社商品に比べて多い点です。実に、1日分(3錠)で2,100mgのHMBを摂取することができます。

HMB極ボディはHMBを2100mg配合

プロのボクサーも注目しているHMBは、様々な研究によって筋力アップをサポートする効果があることが分かっています。そんなHMBが、HMB極ボディには豊富に配合されているということをまずは頭に入れていただいて…

ではまず「HMB」にはどんな効果が期待できる成分なのか、基本的なところ(でも重要!)から解説していきます!

HMBとは?アスリートも注目の速攻パワーアップ成分!

食べ物から摂取したタンパク質(=プロテイン)は、体内で消化されてアミノ酸に分解されます。アミノ酸のうち、体内で合成できない必須アミノ酸の1つに「ロイシン」があります。(つまり、ロイシンは体外から摂取する必要がある栄養素なのです。)

HMBは、このロイシンが体内で代謝(※)された時に生成する成分です。

※代謝:体内で摂取した物質が次々と化学変化を起こして入れ替わること

プロテインがHMBとなって体内に吸収されるまでの過程

プロテインがHMBとなって体内に吸収されるまでのプロセス

 

上の図のように、これまではHMBを摂取するために大量のプロテインを摂る必要があったわけですが、HMB極ボディのようなHMBを配合した筋肉サプリが登場したことで、体内にダイレクトにHMBを吸収できるようになったのです。

 

では、そんなHMBに期待できる主な効果を3つ紹介したいと思います!

HMBの効果1:筋肥大

HMBは正式には「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」と言います。HMBにはタンパク質の生成、筋肥大を促すなど筋肉量増加効果があります。適切なトレーニング、栄養補給、休息にHMBを加えることでより効果的な筋肉増加が期待できます。

HMBの効果2:筋肉分解を抑制

HMBにはタンパク質の分解を抑制して筋肉量減少を抑制するシグナル効果があります。

ビルドアップには筋肉をつける増量期と、脂肪を落とす減量期を分けるトレーニング方法が有効だと言われています。筋肉を増やすには消費カロリーより多くカロリーを摂取するオーバーカロリーが、脂肪を落とすにはその逆のアンダーカロリーが必須です。

しかし、アンダーカロリーの減量期は脂肪だけではなく、必要な栄養素を摂取しないと筋肉も落ちてしまいます。これは生命活動を維持するために体が筋肉を分解してエネルギーを取り出そうとするからです。(これをカタボリックと言います。)

一方、カタボリックの対義語はアナボリックと言います。カタボリックの反対の意味なので、アミノ酸等の栄養素が効率的に体に摂取できている状態で、筋肉が作られている状態です。我々がこの状態を目指すわけですが、そのためにHMBが役立つというわけですね。

分解されてしまう筋肉量をいかに抑えるかが筋力増加のポイントです。筋肉減少抑制効果が期待できるHMB配合のサプリメントは筋力増強を目指す際の心強い味方といえるでしょう。

HMBの効果3:回復促進

筋力トレーニングで筋肉は疲労し、筋肉線維は消耗して細かく傷ついたような状態になります。トレーニング後に48~72時間の十分な休息時間を取ることで消耗した筋肉線維は回復し元の状態よりも強く大きな筋肉に成長します。(これを「超回復」と呼びます。)

HMBは傷ついた筋肉細胞の超回復を促す効果が期待できます。HMBが体内に充分にあれば、ハードなトレーニングをしても、筋肉回復が早まる効果も期待できます。

ご覧のとおり、トレーニングをする方には効果抜群なHMBなのですが、すでにトレーニングしている人は「プロテインじゃダメなの?」って思うかもしれませんね。

この点は多くの方が疑問に思うところだと思いますので、ここで解説しておきたいと思います!

HMBをダイレクトに摂取すると、プロテインより効果的なの?

HMBとプロテインを比較する上で外せない点として、HMBは体内に摂取したロイシンから約5%しか生成されないという事実があります。つまり、HMB1gを生成するには約20gのロイシンが必要ということになります。

《ロイシン》→ 代謝 →《HMB》 →《体内に吸収》

HMBを食事やプロテインから摂ろうとすると大量の摂取が必要となり、胃腸や消化器官などに負担となります。ダイレクトにHMBを摂取することは、筋力トレーニングの効果からも健康面からもプロテインを飲むより断然効率が良いのです

 

ただ、プロテインもHMBも共に筋力アップのサポートをしてくれますが、

  • プロテイン:傷ついた筋肉の”超回復”のためのタンパク質補給
  • HMB:効率的に筋肉を作りだすためのHMBやクレアチン補給

といったように、飲む目的にそもそも違いがあります。

(ここを理解しておくことで「HMBとプロテイン、どっちを選ぶべき?」という疑問が頭に浮かぶことはなくなると思います。)

 

タンパク質補給のためにプロテインを飲むのはもちろん有用ですが、より効率的に筋肉をつけてボディメイクしたいなら、HMBやEAA、クレアチンといった成分をダイレクトに体内に取り入れられる『HMB極ボディ』を試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

プロテインも悪くないけど、一度「HMB極ボディ」を試してみる価値はあるかも・・・

 

ただ、今度は「タンパク質は食事でしっかり摂るようにすれば、プロテインもHMBサプリも不要なのでは?」という疑問が出てくるかもしれませんね。

ちなみに、食事からタンパク質を摂ることはもちろん可能です。可能なんですが…

食事で必要なタンパク質を摂ることは可能!だけど…

超回復に必要なタンパク質は、しっかり食事メニューを考えれば補給可能です。ですが、私も実際にライザップで経験したから分かるのですが、必要なタンパク質量を食事だけで補うことって、想像以上に難しいです(汗)タンパク質量だけ考えて食事メニューを考えると、他の栄養を摂り過ぎたりとか、逆に足りなかったりとか…。

それこそ、専属の管理栄養士でも付けて食事メニュー考えてもらわないと無理じゃないかと思います。(それでも必要なタンパク質すべてを摂るのは難しいかも…)

まぁそんなレベルの難しさです。だからこそ、多くのボディメイク中の方がプロテインを愛用しているのも納得です。

 

もし仮にタンパク質を食事でまかなえたとしても、HMBを作りだすために必要なロイシンやクレアチンといった成分を食事から摂ろうとすると…

食事でタンパク質を摂れたとしてもロイシンやクレアチンとなると・・・

 

実はあまり知られていないのですが、タンパク質は脂肪を含んでいるため、充分な量のロイシンを摂取するためには余分な脂肪分も取り込む可能性があります。またHMBを大量に取り込みたいと思ってロイシンばかりを過剰に摂取すると、アミノ酸のバランスを崩し、免疫力の低下や体重の減少といった弊害を招く可能性もあるため注意が必要なのです。

より効率的にボディメイクするために必要な成分を食事だけで何とかしようとするのは、はっきり言って無理があるのです。

ですが、『HMB極ボディ』なら、これらの食品に含まれる必要なHMBやクレアチン・EAAといったサポート成分を手軽に、かつダイレクトに体内に吸収することが可能です。だからこそ、効率的なボディメイクが可能になるわけですね。

(そういった点が注目されて、近年HMBサプリが爆発的に売れているのです!)

 

最初に説明したとおり、『HMB極ボディ』にはHMBが1日分で2,100mgという業界最大級の配合量を誇っている点が魅力のひとつなのですが、実はここにも大きな秘密が…

実は、アストラジンという特許成分を配合することでHMBの吸収量を1.5倍に高めることに成功し、実質3,150mgのHMBを摂取したことと同等の効果を発揮することができるのです!

HMB3150mgと同等の効果を発揮!

厚生労働省によると、HMBを1日に3,000mg摂取すれば筋肉増加に高い効果を発揮できるとされています。この『HMB極ボディ』を飲むだけで、ボディメイクに必要な量のHMBを補給することが可能となるわけですね。

 

このように、HMBの配合量(実質摂取量)で注目されている『HMB極ボディ』ですが、実は、このサプリの魅力はこれだけではありません!

HMB極ボディは、ビルドアップサポート成分《クレアチン》《EAA》を配合していることを含め、大きく6つの特徴を備えています!

HMB極ボディの6つの特徴!

HMB配合量の時点で十分魅力的な『HMB極ボディ』ですが、それ以外にも魅力的な6つの特徴が下記のとおり6つあります。

HMB極ボディの6つの特徴

それぞれ解説していきます!

特徴1.クレアチン配合

オリンピック選手など各界のトップアスリート達がこぞって愛用していることで、近年注目度が急上昇しているクレアチン。人間の体内で3種類のアミノ酸から合成される有機酸の一種で、筋肉を動かすのに不可欠なエネルギー「ATP」を筋肉中に貯蔵する働きを持ちます。

ATP(アデノシン三リン酸)は細胞の中に存在し、筋肉を動かす以外にも生命活動に必要な器官を循環させる際に利用されるエネルギー源です。クレアチンはこのATP量が減少した時に最も重要な働きをする物質として注目されました。

クレアチンを摂取し体内でクレアチン濃度を高めることで、高強度の運動に欠かせないクレアチンリン酸を作り出すことができます。クレアチンリン酸が増えると高強度の運動に必要なエネルギー源が増えるため、瞬発的に出る爆発的な力をより長く持続することができます。(まさにトレーニング向けの成分ですね。)

運動中刻々と失われるエネルギーをクレアチンが補うことで、筋力を発揮しやすくなったり持続時間が長くなったり筋肉が太くなりやすくなるといった効果が期待できます。

特徴2.EAA配合

EAAを聞き慣れない方もいると思うので解説しておくと、EAAとは「9種類の必須アミノ酸の総称」になります。EAAを摂取すると何が嬉しいのかってことなんですが、EAAには筋肉の分解抑制効果筋肉の合成促進効果があるのです。

まさにトレーニングして筋力アップを目指している人にとって打ってつけの成分なんですね、EAAは。当然、注目度も上がります。

すでにある程度のサプリメントの知識がある方であれば「BCAA」という成分を聞いたことがあるかもしれません。おそらくEAAよりBCAAの方が有名じゃないかと思います。飲んでいる人多いですし。

実はEAAとBCAAは似ているんですが、ちょっと違います。そこで『HMB極ボディ』に配合されているEAAと、一般的に認知度が高いBCAAでは何が違うのか、分かりやすく表にまとめてみました。

 EAABCAA
必須アミノ酸バリン
ロイシン
イソロイシン
リシン
メチオニン
フェルニアラニン
トレオニン
ヒスチジン
トリプトファン
バリン
ロイシン
イソロイシン
吸収遅い早い
飲むタイミング筋トレ前筋トレ中
苦い苦い
溶けやすさ××

一番の違いは、EAAは9種類の必須アミノ酸をすべて含んでいる点です。その中の3種類「バリン・ロイシン・イソロイシン」を総称してBCAAと呼びます。つまり、BCAAはEAAの一部なんですね。

単純に考えて、筋肉増量のために必須アミノ酸を摂取しようと考えたら、BCAAよりもすべての必須アミノ酸を含んでいるEAAの方が良いということになります。

ただ、EAAにも弱点があって、上の表のとおり吸収スピードが遅いんです。だから、飲むタイミングが「筋トレ前」なんです。逆に考えれば、EAAを摂取するなら筋トレ前に飲んでおけばいいということになりますから、そこだけ注意しておけば問題ないんですけどね。

あと、EAAとBCAAに共通するデメリットとして「味が苦い」「溶けづらい」というのがあります。これはパウダー状のものを飲もうとした場合のことなんですが、『HMB極ボディ』はありがたいことに錠剤です。この2点については特に心配する必要はないですよ。

ちなみに、EAAを摂取することで筋肉生成が400%もアップしたという研究結果が出ているくらいですから、やはり筋トレするならぜひEAAを摂取しておきたいところです。

特徴3.グルタミン配合

筋トレするならグルタミンもぜひ摂取しておきたい栄養素のひとつです。主な効果としては、

  1. 筋肉強化の促進
  2. 筋肉分解の抑制
  3. 脂肪蓄積の抑制
  4. 疲労回復

の4点が挙げられます。

この効果が期待できるだけでグルタミンを積極的に摂取しておきたいところですが、ボディメイク中にグルタミンを摂取しておきたい理由は他にもあります。

グルタミンには「体にストレスがかかるとグルタミンが大量に消費される」という特徴があります。つまり、筋トレなどの激しい運動をすると体にストレスがかかるので、グルタミンが大量に消費されてしまうのです。グルタミンは体内で生成できる成分ですが、筋トレをする人にとっては体内生成できる量ではグルタミンが不足してしまいます。

体内のグルタミンが不足するとどうなるかというと、なんと筋肉を分解してグルタミンを作り出すようになるのです。つまり、やみくもに激しい筋トレをしていると、逆に筋肉を分解させてしまう(=筋肉を失う)という本末転倒な結果になってしまうのです。

だからこそ『HMB極ボディ』のようなサポートサプリを飲んで、筋トレで消費されたグルタミンをしっかり補給する必要があるのです。

特徴4. “米国特許取得” アストラジン配合

こちらも大きな特徴となっている「アストラジン」を配合している件。商品と一緒に送られてくる下記の同梱物で、アストラジンについて解説されています。

米国特許取得アストロジン配合

ちょっと読みづらいと思うので、全文をテキストで起こしてみました。

業界初吸収成分アストラジン50mg配合HMB(ロイシン代謝物)の吸収量が1.5倍、クレアチンの吸収量が1.3倍業界最大級のHMB含有量を誇る「HMB極ボディ」2,100mg “アストラジン” と一緒に摂取するだけでロイシンの吸収率を1.5倍以上向上させます。HMBは、ロイシンの代謝物です。それは、HMB3,100mg摂取した効果に匹敵する。

アストラジンは、様々なビタミン、アミノ酸、不飽和脂肪酸などと相性が良くサプリメントや食事からの栄養摂取をサポートします。カラダづくりのためには、普通以上に栄養素を取り込む必要があります。このように大きな需要を満たすためには、食事量を増やす他、サプリメントの形で濃縮した栄養素を余分に摂らなくてはなりません。

けれども栄養素の摂取を増やすと消化されない食べ物は、無駄となります。消化吸収に必要な酵素や共同因子の需要も増大します。それよりも賢明なアプローチは、食事の量を増やすより栄養素の吸収率を高めることでしょう。

これ、恐らくもともと英文だったものを日本語に訳しているからか、非常に分かりづらいですね(笑)

簡単にまとめると、要するに

ボディメイクに必要な栄養素を無駄なく効率的に摂取するために、アストラジン配合でHMBの吸収量が1.5倍になった『HMB極ボディ』を飲むのが賢明な選択です。

ということかと!

ソレダ!! m9(゚д゚)っ ビシッ!!

特徴5.アミノ酸フルスコア処方

プロテインやHMBサプリを購入するなら、ぜひ押さえてきたいポイントである「アミノ酸スコア」についてです。

結論から言うと、『HMB極ボディ』はアミノ酸フルスコア(スコア100です。スコア100だと、タンパク質を十分生成することができる状態です。(下図の右側の桶)

HMB極ボディはアミノ酸フルスコア

逆に、左側の桶のように一部のアミノ酸含有量が不足していると、そのレベルまでしかタンパク質を生成できないことを意味します。

ですから、EAA(=9種類の必須アミノ酸)がバランス良く配合されていることが何より大切で、その点『HMB極ボディ』はアミノ酸フルスコアという理想的な配合を実現しているということになります。

特徴6.無添加タブレット

サプリメントを飲む上で、気にする人も多いと思われる添加物問題。必要最低限の添加物なら品質保持のためにもしょうがないかなって自分は思うタイプなんですが、それでもできる限り添加物は入れないで欲しいってのが正直なところです。

調べてみたら『HMB極ボディ』は以下の9種類の添加物を使用していないということでした。

  • 着色料
  • 人工甘味料
  • 香料
  • 保存料
  • 膨張剤
  • 発色剤
  • 防カビ剤
  • 苦味料
  • 光沢剤

どの添加物も飲む側からすれば配合されていない方が良いので、やっぱり無添加なのは嬉しいポイントですね。

HMB極ボディの原材料をチェック!

ここまで大まかな商品の特徴を見てきましたが、今度は実際に使われている原材料についてもう少し細かくチェックしていきたいと思います!

原材料一覧とそれぞれの使用目的とは?

こちらが、商品パッケージの裏側に記載されている原材料一覧です。

配合成分が豊富なので、多くの原材料が使われているようですね。

 

主な原材料について、それぞれ期待できる効果(配合目的)を補足すると下記のようになります。

◆HMB極ボディの原材料一覧と配合目的

  • HMBカルシウム:筋肉形成サポート
  • 食物繊維:賦形剤
  • 食用精製加工油脂(硬化油):賦形剤
  • 大豆ペプチド:運動パフォーマンス・バランスの最適化
  • カキガラ末:賦形剤
  • クレアチンモノハイドレード:筋力や身体機能の向上
  • キバナオウギ末:アストラジンの元
  • 田七人参末:アストラジンの元
  • パン酵母(グリコポリサッカライド含有):精神的・身体的ストレスの軽減
  • L-カルニチンフマル酸塩:持久力向上・筋肉疲労軽減
  • コエンザイムQ10:タンパク質合成の促進
  • コロハ種子エキス:筋肉増強ブースター
  • L-オルニチン塩酸塩:筋肉増強ホルモンの分泌促進・筋肉疲労回復促進
  • シナモン抽出物/L-バリン:体内脂肪燃焼(必須アミノ酸)
  • L-ロイシン(必須アミノ酸)
  • L-イソロイシン(必須アミノ酸)
  • L-リジン塩酸塩(必須アミノ酸)
  • L-メチオニン(必須アミノ酸)
  • L-フェニルアラニン(必須アミノ酸)
  • L-トレオニン(必須アミノ酸)
  • L-トリプトファン(必須アミノ酸)
  • L-ヒスチジン(必須アミノ酸)
  • L-グルタミン:筋肉や免疫力を強化するタンパク質を構成

 

一部補足すると、キバナオウギ末と田七人参末が「アストラジンの元」となっていますが、先ほど紹介した米国特許成分であるアストランは、黄花黄耆(キバナオオギ)と田七人参(デンシチニンジン)の各抽出物を1:1で混合した植物由来原料なんです。だから原材料には「キバナオウギ末」と「田七人参末」って書かれているんですね。

あと「賦形剤」ってなっているのは、簡単に言えば「サプリの形を整えるもの」と思って下さい。サプリはもちろん、薬にも同じ目的でよく使われているもので、特に心配するようなものではないです。

『HMB極ボディ』は、ほとんどがボディメイクに有効な成分(と必須アミノ酸)で構成されていることが分かると思います!

飲んで副作用が出たら…品質は大丈夫?

ボディメイクに高い効果を発揮してくれるHMBですが、いざサプリとして飲む上で、やっぱり気になるのが「効果があっても副作用がないか心配…」というものではないでしょうか。どれだけ高い効果が得られても、副作用があるんじゃあ元も子もありませんからね。

結論から言うと、『HMB極ボディ』は”食品”なので、医薬品のような副作用が出ることはまずありません。先ほどチェックしたとおり、原材料にも問題となるようなものは含まれていませんでした。

HMB自体もちゃんと認可された成分です。ちゃんと容量を守って飲めば副作用が起こる可能性は極めて低いわけですが、過剰摂取には注意しましょう。これはHMBサプリに限った話ではないですが、サプリを過剰摂取することで特定の栄養が偏ってしまい、体の調子が悪くなる可能性もゼロではないです。

たくさん飲めば飲むほど効果がでるわけではありませんから、ちゃんと1日の容量を守って飲むようにしましょう。

『HMB極ボディ』は1日3錠でOKです!

原材料の【L】の秘密

再び『HMB極ボディ』の原材料一覧なのですが、今度はまた違った点に注目して欲しいと思います。

◆HMB極ボディの原材料一覧

  • HMBカルシウム
  • 食物繊維
  • 食用精製加工油脂(硬化油)
  • 大豆ペプチド
  • カキガラ末
  • クレアチンモノハイドレード
  • キバナオウギ末
  • 田七人参末
  • パン酵母(グリコポリサッカライド含有)
  • L-カルニチンフマル酸塩
  • コエンザイムQ10
  • コロハ種子エキス
  • L-オルニチン塩酸塩
  • シナモン抽出物/L-バリン
  • L-ロイシン
  • L-イソロイシン
  • L-リジン塩酸塩
  • L-メチオニン
  • L-フェニルアラニン
  • L-トレオニン
  • L-トリプトファン
  • L-ヒスチジン
  • L-グルタミン

特に必須アミノ酸の前についている「L」に注目して欲しいのですが、実はアミノ酸の成分構造の形には「L」と「D」の2パターンあって、

  • L:身体に作用するアミノ酸
  • D身体に作用せず体外に排出されてしまうアミノ酸

という大きな違いがあるんです。

もちろん「L」が付いたアミノ酸を原材料として使っているサプリが良いわけなので、今後のサプリ選びの参考にしてもらえればと思います。

原材料一覧で分かるとおり『HMB極ボディ』は「L」が付いたアミノ酸を使用しているので安心です!

放射能&残留農薬の安全基準をクリア!

ここは商品の大きな特徴というわけではないのですが、ただ「安心・安全」に関わることなので、そういう意味ではやっぱり重要な部分になります。

さらに、厳正な安全基準をクリアした無添加タブレットを実現

無添加については先ほど説明したとおりですが、ガンマ線スペクトロメトリー法による放射能検査の基準をクリアし、残留農薬試験については実に276項目もの基準を満たしているとのこと。放射能と残留農薬については特に関心が高いところだと思いますので、どちらもしっかりテストしているという点は評価できますね。

商品の安全性も問題なさそうですね。

【補足】不純物の少ない、高品質なHMBを配合!

各社より様々なHMBサプリが販売されていますが、同じHMBでも純度には大きな違いがあります。下記の図のように、同じHMB原料の中に「酪酸」「ジオール酸」「ジメチルアクリル酸」といった不純物が多く含まれているものもあります。

高品質なHMB極ボディ

配合量の多さはもちろんのこと、純度の高いHMBを使用していることも、HMBサプリを選ぶ際の大きなポイントになりますので、購入の際はぜひチェックしてみて下さいね。

『HMB極ボディ』に使われているのは、右の図の純度の高いHMBです!

 

以上、『HMB極ボディ』の魅力をお伝えしてきましたが、どんな特徴のあるHMBサプリか分かりましたでしょうか?

それでは、これまで各社から発売されているほとんどのHMBサプリを購入して検証してきた管理人だからこそ伝えられる「HMB極ボディ 俺のガチ評価」をお伝えしたいと思います!

HMB極ボディ 俺のガチ評価はこれだ!

早速ですが、『HMB極ボディ』を「HMB含有量」「サポート成分」「飲みやすさ」「価格・コスパ」「信頼感」「人気の高さ」の6項目で5段階評価し、最終的な「総合評価」を出しましたのでご覧下さい!

『HMB極ボディ』の実力をガチで評価しました!

HMB極ボディ ガチ採点表

HMB極ボディの評価
HMB含有量
(4.5)
サポート成分
(5.0)
飲みやすさ
(5.0)
価格・コスパ
(4.5)
人気・知名度
(2.5)
総合評価
(4.5)

 

当ブログで紹介しているHMBサプリの中でも、かなり高評価なのがこの『HMB極ボディ』です!

「HMB含有量」は1日2,100mgと高く、さらにクレアチン・グルタミンに加え、9種類の必須アミノ酸がすべて含まれるEAAを使用するなど、「サポート成分」についても文句のつけようがありません。高純度のHMBを使用しているのも評価高いです。

「飲みやすさ」ですが、1日6~10粒を飲む必要があるHMBサプリが多い中、1日3錠に抑えられた点はポイント高いです。さらに粒を小さくできると完璧なんですが、配合成分の多さを考えるとまぁしょうがないかなと思います。それでも、現時点でHMBサプリの中では一番飲みやすいです。

価格面も、定価はやや高い(9,480円)ですが(後ほど紹介するキャンペーンサイトを活用すれば)初回500円(税込540円)で購入できます。2回目以降もキャンペーン適用で30%オフになり、さらに永久保証制度もあるのが魅力的。価格面については及第点じゃないかと思います。

コスパ面では、1日分でHMB3,150mg摂取できますので、HMB3,000mg当たりのコスパを計算すると約222円と、一般的なHMBサプリよりもかなり高いです。ですので、同価格帯の他社のHMBサプリを買うよりは、コスパ面では『HMB極ボディ』に大きな利点があります。

まだ発売されて間もないので知名度が上がるのはこれからじゃないかと思いますが、イメージキャラクターを務める亀田兄弟の知名度が抜群に高いこともあって、PRイベント直後から多くの注文が入っているようです。今後、商品力の高さが広く認知されていけば、さらに人気が高まる可能性を秘めていそうです。

「HMB極ボディは効果なし!」の口コミの真相とは?

他社のHMBサプリと比較して、品質的にも優れた点が多いことが分かった『HMB極ボディ』。私も自信を持っておすすめできるのですが、ネットで「HMB極ボディは飲んでも効果なし!」という口コミを(決して多くありませんが)たまに見かけるのが少し気になります。

先ほど評価したとおり、成分的にもかなり魅力ある商品に仕上がっていますし、正しい使い方をすればまったく効果なしってことはないと思うのですが…

そこらへんが気になったので、残念ながら「効果なし」という結果になってしまった方の口コミを調べてみました。

HMB極ボディは効果なし?

口コミを調べてみて、「HMB極ボディは効かない!」というような、思っていたような効果が出なかった方には、主に2つのパターンがあることが分かりました。

 

パターン1:飲むだけで細マッチョになれると勘違いしている

このパターンに該当する口コミをざっくりまとめると、

  • 「3ヶ月飲んだのにまったく効果なし…」
  • 「毎日飲み続けているのに全然ダイエットできない!」
  • 「今のところ効果なし。トレーニングしないと効果なし…?」

みたいな感じ。

飲むだけで亀田ボディが手に入ると勘違いして飲み続けたものの、いくら飲んでも効果なし状態が続いたというパターン…

 

って、そりゃそうですw

 

飲むだけで筋肉バッキバキの細マッチョになれるHMBサプリがあるなら、最初から誰も苦労しないわけで。

 

改めてお伝えしておくと、『HMB極ボディ』は一緒に筋トレをして初めて効果が実感できるものです。筋肉を付けて細マッチョになりたいなら、最低限の筋トレは必須です。

筋力トレーニングとHMB極ボディを組み合わせるのがおすすめ

 

パターン2:飲んだらすぐに効果が出ると勘違いしている

もうひとつのパターンがこちら。口コミの傾向としては、とにかくすぐに効果が出ると勘違いしている口コミが多かったです。

  • 「飲み始めて1週間経過。今のところ変化無し。」
  • 「筋トレ10日目。でも効果出てる様子が全然ない…」
  • 「今日初めて飲んでトレーニングしたけど、効果がよく分からなかった。」

という感じ。

こちらはトレーニングはしているものの、すぐに効果が感じられなかったというパターン。先ほどの「飲むだけで効果を実感できると勘違いしているパターン」よりかは幾分かマシだと思いますが…

 

そんなにすぐ効果は実感できません!

 

せっかくトレーニングをしながら『HMB極ボディ』を飲むなら、もう少し長い目でみて欲しいところです。最低でも3ヶ月くらいは継続してみてから、本当に効果なしだったのか口コミしてもらいたいですね。(発売直後からこういった口コミが出ていること自体がおかしいなと思ったのですが…。)

しっかり筋トレして必要な栄養素(HMBやクレアチン等)を摂れば、しっかり効果が出ることが実験からも分かっています。『HMB極ボディ』を使ってボディメイクに励むなら、ぜひ長い目でみて継続してみて下さい!

必要な栄養素は『HMB極ボディ』にしっかり配合されていますので、長い目でみて効果を実感しましょう!

 

さて、全国の細マッチョを目指す男性からの支持が高まっている『HMB極ボディ』ですが、「どうせ買うなら最安値で買いたい!」というわけで、どこで買うのが最安値になるのか調査してみました!

公式サイトはもちろん、楽天やアマゾンで調べてみたら意外な結果に…

【調査】『HMB極ボディ』を最安値で買えるのはどこ?

みんながよく買い物をするであろう「楽天」「アマゾン」そして「公式サイト」で、最安値はどこなのか価格調査を実施!早速、順番に販売価格をチェックしていきたいと思います。

楽天・アマゾン・公式サイトで比較!

まずは楽天から調べてみました。楽天で「HMB極ボディ」と検索してみると…

楽天の「HMB極ボディ」検索結果画面

 

ご覧のとおり「ご指定の検索条件に該当する商品はありませんでした」と表示されました。つまりHMB極ボディは楽天では販売されていないということですね。

 

続いてアマゾンでも調べてみました。アマゾンでも同様に「HMB極ボディ」で検索してみると…

アマゾンの「HMB極ボディ」検索結果画面

 

アマゾンでも取り扱いがないらしく「”HMB極ボディ”の検索に一致する商品はありませんでした。」と表示されました。楽天同様、アマゾンでもHMB極ボディは購入できないみたいです。

ちなみに、上の画像のとおり「極ボディ」だけで検索すると2,223件の商品がヒットするようですが、

  • お風呂で使うボディブラシ(体を磨いて極ボディへ?)
  • ミディアムボディの極甘口白ワイン(ボディの意味が違う!)
  • 極熟れボディを食べて…(違う意味での極ボディw)

というように、ツッコミどころ満載のまったく関係ない商品たちが表示されました。

 

とにもかくにも、楽天でもアマゾンでの販売はされていないということなので…

 

最後に、HMB極ボディの公式キャンペーンサイトです。

「HMB極ボディ」の公式サイトキャプチャ

 

こちらの公式キャンペーンサイトだと、初回分がわずか500円(税込540円)という最安値で購入できます!

しかし、最近は(特にHMBサプリ業界では)楽天やアマゾンでの販売を行わず、公式サイトからのみ注文を受けることが多くなっているようです。楽天やアマゾンで販売されていても定価の単品購入しか受け付けていないケースが多いので、個人的には公式サイトからお得に買えればそれでいいんですけどね。

 

以上より、楽天・アマゾン・公式キャンペーンサイトの価格調査結果(4回継続した場合を想定)をまとめるとこうなりました!

*表記価格は「税込」です。

 楽天アマゾン公式
初回-円-円540円
2回目-円-円6,998円
3回目-円-円6,998円
4回目-円-円6,998円
合計-円-円21,534円
送料--無料
保証--永久保証

楽天でもアマゾンでも販売されていないので比較のしようがないと言えばそれまでですが、公式キャンペーンサイトだと税込で初回540円、2回目以降も6,998円(定価から3,000円割引)で購入できるようになっています。

しかも「永久返金保証」も用意されています。30日間といった期間限定の返金保証はよく見かけますが、永久保証ってのはすごいですね…。

 

というわけで、公式キャンペーンサイトから最安値で購入できることが分かったので…

 

実際に『HMB極ボディ』を注文してみた!

スマホを使って公式キャンペーンサイトにアクセス。サイトはちゃんとスマホ対応されていたので、スマホでも見やすかったです。

実際に『HMB極ボディ』をモニターコースで注文してみたら…

 

HMB極ボディ公式キャンペーンサイトから注文

 

↓  ↓  ↓

 

本当にこの値段でHMB極ボディが届きました!(しかも送料無料!)

公式サイトに「初回500円」って書いてあるからさすがに500円で届くんでしょうけど、ここまで安いと本当に商品届くのかちょっとだけ心配になりました(笑)

ですが、ご覧のとおりちゃんと500円(税込540円)でも商品届きました!

 

ちなみに、注文した『HMB極ボディ』ですが、このように宅急便ではなくメール便で届く(=ポストに投函される)ので、受け取りも楽チンでした。

HMB極ボディはメール便で届きます。

 

『HMB極ボディ』なら、1日わずか3錠で、ボディメイクに必要な栄養をしっかり摂ることができます!

HMB極ボディは1日3錠で必要な栄養を摂れる!

 

それでは最後に…

最安値で購入できるキャンペーンサイトを紹介します!

私が実際に『HMB極ボディ』を購入する際に使用した、初回500円で購入できる公式キャンペーンサイトを紹介します!『HMB極ボディ』を購入するなら絶対にこのサイトから購入するのがオトクですので、購入場所を間違わないようにして下さいね。

毎月先着100名限定のキャンペーンですので、購入希望の方はお急ぎ下さい!

 

最安値の500円で購入できる

公式キャンペーンサイトはこちら

↓  ↓  ↓

HMB極ボディ公式キャンペーンサイト(パソコン版)

https://kiwami-body.jp/